エンター すると 本文に 移動します

点字民報 2024年5月号 通巻695号

2024年5月5日 更新

 目次と主な記事をお知らせします。

目次

原水爆禁止国民平和大行進2024 身近なまちの行進に仲間と参加して運動不足を解消しよう
能登半島地震、皆様の励ましに感謝 石川視生会会長 不破ふわ伸一しんいち
私の困った、私の要求7 川崎市で念願の補助犬医療制度が始まりました 藤田ふじた重男しげお(神奈川県)
第52回文化のつどい報告 奈良守る会会長 浦西うらにし ひろし
結び目「視覚障害者京都の会」がんばってます 川島かわしま隆夫たかお(京都府)
岡山・郵便投票裁判声明 障害をもつ人の投票権を奪う最高裁の不当決定に抗議する!
新連載 百聞は一触にしかず 手で見る博物館 桜井さくらい政太郎まさたろうの思い1
全視協総務局コーナー
 5月の記念日
 1 能登半島地震義援金お礼
 2 青い鳥葉書無償配付中
 3 点民モニター募集
 4 私の困った、私の要求
 5 その他の活動記録
 全国と地域の主な予定

(目次、終わり)

主な記事

私の困った、私の要求7 川崎市で念願の補助犬医療制度が始まりました

藤田ふじた重男しげお(神奈川県)

 補助犬医療制度を求めてから、今思うと12年かかりました。12年前は、川崎市に盲導犬が2頭しかいませんでした。当時私は盲導犬を使っていませんでしたが、川崎市盲人図書館の交流会で1人の盲導犬ユーザーから「医療費がかかるんです」と聞きました。横浜市は全額市が出してくれます。川崎市と横浜市をのぞく他の自治体は、神奈川県獣医師会から年4万円の助成があります。

 私も盲導犬を使うようになって、医療費がすごくかかることを実感したため、パートナーと一緒に要望書を持って市役所に行くと、障害係長に、「藤田さんは毎年要望書を持ってきますが、たばこ、お酒を辞めてそのお金を犬に使ったらどうですか」と言われました。悔しくて涙が出ました。それからは直接市事務局に提出するようにしました。

 川崎市内の盲導犬ユーザーが増え、21年には8頭になると、川崎市危機管理本部から「補助犬の団体を作って下さい」と言われたので、21年10月に川崎ハーネスの会を作りました。

22年7月に各会派の議員団との話し合いをしたところ、会社を休んで参加してくれたユーザーもいました。これは2年続きました。また、日本盲導犬協会の障害サポート部の金井さんがお忙しい中参加してくれました。金井さんが参加してくれたのは強力な援軍になりました。応援をしてくれた市会議員さんにも感謝しています。

 補助犬の医療費のための予算は、年67万円で、市内の補助犬9頭で割ると1頭当たり7万円くらいになる予定です。川崎ハーネスの会の要望は1頭当たりいくらではなく、自己負担が2割、残りを川崎市が負担するというものです。これを第一歩として、全額補助までこぎつけたいと考えています。ペトラ号が引退するまで、あと5年の間には実現したいものです。

 「点字民報」の全文を読みたい方は、全視協の会員になっていただくか、読者になってください。