エンター すると 本文に 移動します

全日本視覚障害者協議会
(全視協)
National Council of Visual Disabled in Japan

視覚障害者の平等な暮らしの実現と社会参加の推進を

点字民報 2020年7月号 通巻649号

新型コロナの給付金もらった、持続化給付金申請顛末記、持続化給付金意外と簡単でした、特別定額給付金の申請が滞りなく行えました、国の第2次補正予算で家賃支援給付金など新たに、堀木文子さんの願い今度こそ!、など。
堀木文子さんの願い、今度こそ!
 2000年、新潟で行われた女性部大会で「おかしいものはおかしい」と、当時の井上嘉子副部長が退任あいさつで述べていました。今から50年前、神戸地裁で始まった堀木訴訟は、続きをお読みください

コロナ対策で持続化給付金100万円もらいました

 感染症拡大により、特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を下支えし、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金を支給します。
 先月号で、新型コロナウイルスに関する支援策などを紹介したところ、全国から問合せの電話をいただきました。
 紹介した12項目以外にも、政府の第2次補正予算の通過後、休業手当が支給されない労働者を失業状態と「みなし」失業手当を支給すること、家賃補助、学生支援策などが、国民の求めに応じて逐次盛り込まれていきます。引き続きこれらを紹介しますので、しばらくは、「点民」から目を離さないようにしてください。続きをお読みください