エンター すると 本文に 移動します

全日本視覚障害者協議会
(全視協)
National Council of Visual Disabled in Japan

視覚障害者の平等な暮らしの実現と社会参加の推進を

新型コロナ対策でもらえる給付金などをまとめました
―収入が大きく減った事業所に最大100万円の持続化給付金―

 先月号で、新型コロナウイルスの影響と要求についてアンケートしたところ、点字返信20件、メール25件、電話5件、ファックス1件について、個人・社員から回答をいただきました。個人は生活の変様について、社員は仕事や収入についての回答が多くみられました。具体的な要求については、ほとんどありませんでした。引き続き、アンケートに回答をお願いします。続きをお読みください

『持続化給付金』の詳細はこちらをご覧ください

持続化給付金とは?

 感染症拡大により、特に大きな影響を受ける事業者に対して、事業の継続を下支えし、再起の糧としていただくため、事業全般に広く使える給付金を支給します。

給付額

 中小法人等は200万円、個人事業者等は100万円
 ※ ただし、昨年1年間の売上からの減少分を上限とします。続きをお読みください