全視協公式ウェブサイト

ナビゲーションを飛ばして本文へ

「ストップ秘密保護法!視覚障害者アピール」に、160名・13団体が賛同

本文ここから

         2013年12月 6日


各 位


                         ストップ秘密保護法!視覚障害者アピール実行委員会

                               呼びかけ人代表  田中 章治

                               東京都豊島区駒込1-19-15直枝ビル

                               ℡03-6912-2541


「ストップ秘密保護法!視覚障害者アピール」に、160名・13団体が賛同


 特定秘密保護法の強行にストップをかけようと11月12日に以下の文書を作成し、呼びかけを行い、以下のように160名及び13団体の賛同を得ました。

 ここに報告し、同法案を廃案にすることを強く求めます。


「ストップ秘密保護法!視覚障害者アピール」賛同者 160名


浅川 猛(山梨県視覚障害者民主協議会)    

浅見 清(茨城県視覚障害者の生活と権利を守る会事務局長) 

安達 孝次(福島県視力障害者協議会事務局長)

阿部 大和(新潟県)

新井 猛二(東京視覚障害者協会会員)

新井 康代(東京視覚障害者協会会員)

有馬 鈴子(マッサージ師)

有馬 秀雄(東京都)

池上 清(東京視覚障害者協会会員)

池上 節子(東京視覚障害者協会会員)

井下田 康浩(千葉県視覚障害者の生活と権利を守る会事務局長)

石川 絹代(ヘルスキーパー)

石田 名奈江(埼玉視覚障害者の生活と権利を守る会会員)

和泉 厚治(神奈川視覚障碍者の生活と権利を守る会執行委員)

市瀬 實(山梨県) 

伊東 一敏(山梨県視覚障害者民主協議会副会長)

伊藤 和文(山梨県)

伊藤 かな(山梨県)

伊藤 東洋雄(あはき師)

伊藤 慶昭(全国視覚障害者雇用促進連絡会会長)

稲垣 実(東京視覚障害者協会会長)

井上 正幸(あはき師)

今井 卓雄

今井 光子(埼玉県)

今津 一男(神奈川視覚障害者の生活と権利を守る会会長)

入江 正俊(視覚障害者9条ノ会世話人)

入田 久司

岩井 隆

薄井 忠(東京視覚障害者協会青年学生部長)

内田 邦子(東京視覚障害者協会会員)

内田 茂(鍼灸あんまマッサージ師)

梅尾 明美(愛知視覚障害者協議会会長)

梅尾 博也(愛知視覚障害者協議会事務局員)

大塚 強(名古屋市)

岡崎 茂明(岡山視覚障害者友の会)

岡村 晴朗(東京視覚障害者協会運営委員)

織田 津友子(東京視覚障害者協会事務局長)

織田 洋(一般社団法人全日本視覚障害者協議会理事)

小田嶋 大生(東京都)

小田嶋 保子(岩手県)

折井 実(山梨県視覚障害者民主協議会) 

開米 正昭

香川 豊(福岡県視覚障害者友好協会会計)

鹿嶋 恵美子

加藤 厚志(マッサージ師)

加藤 厚実(東京視覚障害者協会役員)

加藤 良男(あはき師)

金子 正次郎(埼玉県)

川瀬 馨(愛知視覚障害者協議会)

管野 良子(一般社団法人全日本視覚障害者協議会女性部長)

岸田 典子(大阪府)

北嶋 誠(酪農業)

木野 ゆずき(埼玉県・視覚障害者と仲間の集まり・いどばた管理人)

木村 三郎(愛知視覚障害者協議会)

楠田 房雄(障害者リハビリテーションセンター職員)

工藤 正一(千葉県)

久保村 巌(千葉県視覚障害者の生活と権利を守る会会長)

栗山 健(東京視覚障害者協会副会長)

黒岩 瀧市(東京視覚障害者協会南部支部長)

黒田 一郎(ヘルスキーパー)

皷 昌子(マッサージ師)

小板橋 靖彦(東京視覚障害者協会西部支部長)

古賀 典夫

小日向 光夫東京視覚障害者協会東部支部長)

小巻 美知子(病院勤務・あはき師)

後藤 五郎(宮城県)

後藤 みち子(宮城県)

権平 嘉昭(全国病院・介護マッサージ問題連絡会事務局長)

酒井 康充(福島県視覚障害者協会事務局次長)

榊原 佳美(山梨県)

阪田 明義(無職)

桜林 さちよ(山梨県視覚障害者民主協議会) 

桜林 正司(山梨県視覚障害者民主協議会事務局長)

桜林 正巳(山梨県視覚障害者民主協議会会長)

佐々木 勇(山梨県視覚障害者協議会会員)

佐藤 直子(東京視覚障害者協会会員)

佐藤 良男(福島県盲人協会会員)

佐野 昭典(元東京視覚障害者協会会長)

澤田 稔(鍼灸師)

重田 雅敏

島田 尚志(奈良県視覚障害者の生活と権利を守る会事務局長)

清水 健男(障害児者の生活と権利を守る神奈川県連絡協議会会長)

真貝 徹志

新垣 栄子(専業主婦)

菅井 孝雄(東京視覚障害者協会事務局次長)

杉田 直枝(東京視覚障害者協会会員)

杉本 由司(名古屋市視覚障害者協会理事)

鈴木 真一(千葉県視覚障害者の生活と権利を守る会副会長)

鈴木 三郎(あはき師)

鈴木 和子(神奈川視覚障害者の生活と権利を守る会事務局長)

鈴木 たか子(東京視覚障害者協会西部支部)

仙波 剛(熊本県)

高嵜 和子(福岡県視覚障害者友好協会事務局長)

高橋 朱美(福岡県視覚障害者友好協会 事務局次長)

高橋 直人(新潟県)

高橋 良彰(福岡県視覚障害者友好協会 会長)

高山 米子(東京視覚障害者協会会員)

滝澤 由紀子(東京視覚障害者協会女性部長)

田﨑 博芳(東京視覚障害者協会会員) 

田中 ツグミ(マッサージ師)

大楽 すみよ(東京視覚障害者協会会員)

寺西 昭(愛知視覚障害者協議会事務局長)

土井 茂樹(東京視覚障害者協会会計)

東郷 進(一般社団法人全日本視覚障害者協議会理事)

戸田 博己(福島県)

外山 洋介(あはき師)

内藤 勉(東京視覚障害者協会会員)

長宅 政夫(大阪視覚障害者の生活を守る会会長)

永島 不二男(はり灸マッサージ師)

永島 みき子(山梨県)

中村 幹夫(金沢市)

生田目 和美(東京視覚障害者協会会員)

西久保 武雄

西原 和子(東京視覚障害者協会会員)

西原 清松(全国視覚障害者雇用促進連絡会幹事)

西村 利光(東京視覚障害者協会会員)

野島 潔(一般社団法人全日本視覚障害者協議会理事)

野島 順子(福祉施設職員)

橋本 宗明(前ロゴス図書館館長)

服部 敦司(公共図書館員)

原島 利武(東京視覚障害者協会会員)

濱田 登美(一般社団法人全日本視覚障害者協議会理事)

濱田 良之助(あはき師)

平野 泰代(東京視覚障害者協会北部支部長)

平野 力三(元教員)

福沢 陽子(福岡県視覚障害者友好協会 福岡支部支部長)

福島 朗子(点字図書館嘱託職員)

福島 修治(施設勤務)

藤川 誠一(老人ホーム職員)

藤野 高明(全視協総談役)

藤野 喜子(一般社団法人全日本視覚障害者協議会理事)

藤原 義博(青森県視覚障害者友好協議会事務局長)

藤原 義朗(一般社団法人全日本視覚障害者協議会理事)

藤原 美津子(青森県視覚障害者友好協議会会長)

古石 一枝(マッサージ師)

細田 聡明(岩手県)

堀部 光雄(前大阪視覚障害者の生活を守る会会長)

益田 治

松井 繁(金沢市)

松川 正則(千葉県視覚障害者の生活と権利を守る会次務局次長)

松田 祥夫

松原 淑子(福岡県視覚障害者友好協会 副会長)

政所 章(大阪市視覚障害者福祉協会副会長)

水上 幸子(東京視覚障害者協会会員)

南沢 創

村田 陽太郎(元盲学校教員)

守谷 明久

山口 通(元視覚障害教師の会会長)

山嵜 さつき(福岡県)

山嵜 保明(福岡県)

山城 一枝(東京視覚障害者協会会員)

山城 完治(一般社団法人全日本視覚障害者協議会理事)

山田 茂(埼玉県)

山道 広子(埼玉視覚障害者の生活と権利を守る会役員)

吉田 きち子(岩手県)

吉田 重子(北海道視覚障害者9条の会幹事長)

吉田 静子(兵庫県)

依田 澄子(福島県視力障害者協議会会長)

龍崎 健雄(理学療法士)

和波 たかよし(バイオリニスト)




「ストップ秘密保護法!視覚障害者アピール」賛同団体 13団体


青森県視覚障害者友好協議会

一般社団法人全日本視覚障害者協議会

大阪視覚障害者の生活を守る会

岡山県視覚障害者友の会

神奈川視覚障害者の生活と権利を守る会

埼玉視覚障害者の生活と権利を守る会

全国視覚障害者雇用促進連絡会

だいすきークラブ

千葉県視覚障害者の生活と権利を守る会

東京視覚障害者協会

福岡県視覚障害者友好協会

福島県視力障害者協議会

山梨県視覚障害者協議会



ストップ秘密保護法!視覚障害者アピール


 「特定秘密保護法」が国会に提案されました。

 「秘密」がどこにあるのかは、誰にも知らされません。「秘密」を漏らしたり、漏らすよう求めたりした人は懲役10年の重罰に処せられてしまいます。誤って漏らした人も同様です。秘密を探ろうとする人も処罰されます。

 これは、公務員やジャーナリストだけの問題ではありません。原発の情報やTPP交渉のような、命や暮らしにかかわる情報もすべて隠されてしまうでしょう。

 国が都合の悪いことを人々の目から遠ざけようとするとき、そこには必ず戦争への準備がありました。戦争は秘密から始まります。

 国の情報は政治家や官僚のものではありません。必要なのは情報公開であり、これが世界のながれです。

 視覚障害者は、情報が入取できないことの日々を生きています。戦争への道は障害者を作り出す道。情報公開なくして視覚障害者の安心も幸せもありません。

 以上のことから私たちは、秘密保護法の強行に反対します。